レンドリース・ジャパンとは

私たちはオーストラリアをはじめとした世界的な規模で不動産・建設ビジネスを展開するリーディングカンパニー、レンドリース・グループの一員です。1988年に日本で事業を開始し、「プロジェクト・マネジメント&建設」「テレコム&インフラ」「不動産投資&開発」の3つを柱にビジネスを展開しています。

レンドリース・グループについて

オーストラリアのシドニーに本社を構えるレンドリース・グループは、不動産サービスを総合的に提供できる会社を目指してオランダ移民であったディック・デュッセルドープにより1958年に設立されました。現在ではオーストラリアのほかにアジア、アメリカ、ヨーロッパでビジネスを展開しています。

拠点設立
1988年8月9日
(シャール・アソシエイツ日本支店として)
設立
1996年11月29日
本社住所
〒106-0032 東京都港区六本木7丁目7番7号 TRI-SEVEN ROPPONGI 7 階
スタッフ数
約500名(2018年1月1日現在)
代表取締役社長 兼 CEO
アンドリュー ガウチ
取締役
鎌田 元信
取締役
清水 潤
許可等
建設業 東京都知事許可(特-29)第147005号 土木
建設業 東京都知事許可(特-29)第147005号 建築
建設業 東京都知事許可(般-29)第147005号 電気
建設業 東京都知事許可(般-29)第147005号 電気通信
一級建築士事務所 第41817号
労働者派遣事業 派13-306489
総務省 届出電気通信事業者 A-01-17263
関連団体
日本コンストラクション・マネジメント協会
(社)日本建設業連合会特別会員
(社)グリーンビルディングジャパン
米国グリーンビルディング協会
 (USGBC:U.S. Green Building Council)
Green Business Certification, Inc.
在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所
在日米国商工会議所
欧州ビジネス協会

TOP MESSAGE

レンドリース・グループは、オーストラリアを中心に不動産・建設ビジネスをグローバルに展開しています。“TO CREATE THE BEST PLACES”というビジョンのもと、日本においても不動産投資・開発、プロジェクト・マネジメント、建設・インフラ事業に取り組み、社員全員が自分の手がける仕事に誇りを持ち、すべての関係者と情熱を共有しながら、私たちが関わるプロジェクトで最高の場所を創るという挑戦をしています。

1988年 シャール・アソシエイツ社(シカゴ本社)日本支店設立

1992年 ボヴィス・グループ(ロンドン本社)、シャール・アソシエイツを買収、シャール・ボヴィス・インクに改称 

1996年 ボヴィス・プログラム・マネージメント(株)設立(現レンドリース・ジャパン(株))

1999年 レンドリース・グループ、ボヴィス・グループを買収

1999年 ボヴィス・プログラム・マネージメント(株)ボヴィス・レンドリース・ジャパン(株)に改称

2002年 日本テレコム・エンジニアリング地域事業会社8社で構成される通信事業部門をレンドリース・グループが買収

2003年 ボヴィス・レンドリース・ジャパン(株)で、建設業許可(大臣)を取得するなど組織再構築

2005年 シャール・ボヴィス・インク日本支店閉鎖

2007年 レンドリース・ジャパン株式会社代表取締役にアンドリュー・ガウチが就任

2011年 ボヴィス・レンドリース・ジャパン(株)をレンドリース・ジャパン(株)に改称

2013年 レンドリース(株)の会社名で不動産投資開発部門を設置

2020年 日本国内におけるインフラシェアリング事業主体としてTower Pods合同会社を設立
SUSTAINABILITY

レンドリース・ジャパンが属するレンドリース・グループはサステナブル(持続可能)な組織であることを目指しています。経済発展、社会的発展、そして環境保全の実現に戦略的及び文化的に取り組む組織こそが、サステナブルな組織であると考えています。

詳しくはこちら
HEALTH & SAFETY

家、家族、愛する人のもとへ毎日安全に帰ることは、すべての人がもつ権利です。レンドリース・グループは、私たち自身、そして私たちと共に働くすべての人々の健康と安全にコミットし続けています。

詳しくはこちら

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。