南三陸オーストラリア友好学習館(コアラ館)

オーストラリア・ニュージーランド銀行は震災後の支援として緊急支援の他、中長期的な復興開発プロジェクトの実施も計画しており、その一環として、図書館・学習室・研修室を兼ねた建物の建設が、地元の設計者・施工者によりなされることとなりました。この建物は、震災後南三陸町内で初めて再建された施設となりました。 日豪友好拠点として、オーストラリアを感じさせるデザインを実現させると同時に、被災された方が安らげるような空間づくりを意識し、デザインチームが設計者にアドバイスを行いました。また、デザインアドバイザリに加え、建設プロジェクトのプロジェクト・マネジメントも震災復興支援の一環としてプロボノ活動により提供しました。 (2019年4月生涯学習センター新設に伴い、当施設は適用指導教室に用途変更されました)

Read More
クライアント (Client)
オーストラリア・ニュージーランド銀行
ロケーション (Location)
宮城県
完了 (Completion)
2013年1月
レンドリースの役割 (Lendlease’s assignment)
"設計アドバイザリー(プロボノ活動として) プロジェクトマネジメント(プロボノ活動として)"
用途 (usage)
図書館(当時)
設計 (DESIGNER)
山本セメント一級建築士事務所
施工 (contractor)
株式会社沼正工務店

オーストラリア要素のデザイン

単にオーストラリアのものやデザインを取り入れるのではなく、東北又は日本のデザインでオーストラリアを連想させるデザインを行うことを目指しました。具体的には、オーストラリアの岩肌を想像させる模様を入れた漆喰、開放的な建物をイメージする為に天井を取り払ったむき出しの構造材等です。

復興支援としての業務提供

レンドリースは震災直後から南三陸町に対して継続的な支援を行っており今現在もボランティア活動を続けています。本プロジェクトはその初期の活動にあたるもので、プロボノ活動としての側面を強く持つプロジェクトです。

沖縄科学技術大学 センター棟・第1研究棟

沖縄科学技術大学 大学宿舎

ビー・ブラウンエースクラップ 栃木工場

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。