Softbank Silicon Valley Office

※本プロジェクトの記載内容は2013-2014年当時の情報に基づきます。 本プロジェクトはソフトバンク株式会社が米国に新たな拠点を設立するために行った既存ビルへの内装改修プロジェクトです。 レンドリースは内容設計から施工完了までプロジェクト・マネジメントを行いました。設計や工事、それらに付随する契約等の事務処理は全て現地の慣習に倣って行われるため、日米の差異が潜在的な工期・コストのリスクとなる可能性がありました。約1年3か月に渡り現地に担当者が常駐し、プロジェクトの円滑な進行をサポートしました。

Read More
クライアント (Client)
ソフトバンク株式会社
ロケーション (Location)
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンカルロス
完了 (Completion)
2013年9月第1期工事完了 2014年9月第2期工事完了
レンドリースの役割 (Lendlease’s assignment)
プロジェクト・マネジメント
用途 (usage)
オフィス
設計
内装設計:DES architects + engineers
施工 (contractor)
Novo Construction

不慣れな米国での工事

クライアントの米国で初めてのプロジェクトであり、商習慣のみならず建築基準法や契約方法の違いもあったため、米国と日本で建築プロジェクト経験のあるレンドリース担当者を現地に常駐させることでクライアントと米国との橋渡しをしながらプロジェクトを遂行しました。

国外からの承認

当初日本から電話会議でプロジェクトをコントロールするため、電話会議の事前にクライアントへ承認事項やその背景、スケジュールの説明し、電話会議にて決定していました。第2期はそれでは間に合わないため、クライアントと共に米国に滞在しプロジェクトを進めました。

ハイドリック&ストラグルズジャパン合同会社 東京オフィス

デロイト・トーマツ・コンサルティング合同会社 東京オフィス

ファイザー株式会社

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。