中立的な"第三者の専門家"

工事を請け負わない、中立的な立ち位置を活かして、建設工事費の妥当性確認によるプロジェクトコストの抑制や各ステークホルダーへ中立的な立場で正しく接することでプロジェクトの透明性を保ちます。

レンドリースのプロジェクト・マネジメントの特徴
マルチサイト・ロールアウト

複雑なプロセスを効率的に管理することがプロジェクト・マネジメントの利点ですが、当社ではこの利点をもっと広げて適用しています。通信基地局建設プロジェクトは膨大な数の建設が計画される場合も多くあり、複雑な様相を呈してきます。一件、一件を個別に管理するのではなく、横断的・総括的にマネジメントすることにより、効率的な人材・資材の配置ができ、集中購買によるバルクメリットが得られるなど、いろいろな対処ができるようになります。

このマルチサイト・ロールアウトは、特にプロジェクトがなすべき業務が異なり、以下のようなポイントが重要になってきます。

■正確な情報をタイムリーにハンドリング
■仕様など技術的なものに限らず、事務的な事柄も標準化し、単純化する
■例外を認め、全てのケースを網羅する説明を定めない
■発生する問題に対して、責任をもって解決する組織を構築する

当社では、通信基地局建設に限らず、自動車のディーラーショップ、ガソリンスタンド、シネプレックス、銀行店舗の改装に適用していますし、海外では州単位での学校の改築などの大規模なプロジェクトにも適用しています。

このマルチサイト・ロールアウトに対するマネジメント業務は、当社が最大の自信をもってサービスを提供できる分野だと自負しています。



ご提供しているサービス一覧

プロジェクト計画・実行・監視コントロール・終結フェーズにおけるマネジメント業務

  • プロジェクト計画書の作成
  • プロジェクト作業における執行管理
  • プロジェクト進捗における分析及び解決策の提案
  • プロジェクト終結における振り返り
  • プロジェクトスコープ記述書及びWBSの作成
  • プロジェクトスケジュールネットワーク図の作成
  • 品質・設計審査
  • 伝送路構築の管理
  • 無線機試験管理
  • 工事・安全監理
  • 工事会社の評価、選定支援
  • トレーニングカリキュラムの策定
  • プロジェクトレビューの開催
  • プロジェクトリスクの特定と対策の検討
  • 新規プロジェクト提案支援"

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。