建設プロジェクトの定石が通用しない施設

工場系のプロジェクトでは、生産設備の設置や更新、ライン替えなどを優先し、建物自体はなるべくコストをかけずに長く維持することが重要になります。また、建物の修繕・増築においても、生産ラインを止めずに行う場合が多く、工場全体の特性を俯瞰的に分析しながら、時には工事内容を分割し、ラインに影響が出ないようプロジェクトをマネジメントすることが重要となります。

生産ラインの稼働を止められないため、思うように設備更新が進まない。

古い建屋が多いので、災害などがあったら建物に影響がありそうで不安だ。

業種柄、海外の基準が適用になるので、コストがかさんでも結局勝手を知っている会社に頼まざるをえない。

適切な更新時期の提案

工場では、生産設備の安定的な稼働が“最も重要な命題”の一つとして挙げられます。 そのため、建屋の修繕や更新についての計画的な取組みは後回し、もしくは計画自体が作成されない場合もあり、場当たり的な対応になってしまうケースが見受けられます。 レンドリースでは、これまで数多くの長期修繕計画を作成した実績を基に、数年から数十年のスパンで分析を行い、耐用年数に応じて、適切な時期に建屋と建築設備を修繕・更新する長期修繕計画を立案します。 同じタイミングで更新が望ましい建屋・建築設備などは、まとめて更新工事を計画するといったご提案も行います。

業種別の特殊条件の把握

工場の建屋の修繕・更新は、製造工程と密接に結びつけて考える必要があります。 レンドリースではエンジニアが綿密に現地調査を行い、様々な業態の製造工程の特殊性を把握した上で長期修繕計画を立案し、その後の施工計画や進捗の予実管理を行います。 さらに、特殊性が増す海外の基準についても、複数の外資系工場を手掛けた実績を基に、それらの基準を反映した修繕計画や工事計画の立案、施工会社の選定などを行います。

マグ・イゾベール 土浦工場

ビー・ブラウンエースクラップ 栃木工場

SOLUTIONS

お客様が抱える多種多様な課題に対し、レンドリース・ジャパンは一つひとつベストな解決策をご提供します。

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。