コストとスケジュールの制約が大きいリテールのプロジェクト

形態に関わらず、リテールのオープンニングは数年前から計画される場合がほとんどです。オープニングのタイミングは大抵ホリデーシーズンや大型連休前に設定され、広告やパンフレットで告知を行いながら、期間中により多くの売り上げを上げることが期待されます。そのため、オープニング日にプロジェクトを完了させることが必達目標となります。また、リテールのデザインはカスタムメイドが多くなる傾向が強く、施工費用も当初の予算から超過する危険性を常に孕んでいます。

デザインが特殊なため、発注までの時間がタイトになってしまう。

特注が多いため、プロジェクト予算がいくらになるかわからない。

日本と海外の建築基準法の違いがわからないため、どのようなデザインが実現可能なのかもわからない。

特殊なデザインの実現

リテールプロジェクトの場合、ブランドの世界観を的確に表現するため、ファサードや内装をカスタムメイドのデザインにすることが多くあります。しかし日本の法規制下でそのようなデザインを現実化するのはしばしば困難が付きまといます。また、革新的なデザインに起因して、ビルオーナーとの資産区分調整が必要になる事もあります。レンドリースは過去の経験から、デザインを具現化するのに必要な調整事項を踏まえたプロジェクトの進捗管理や、関係者へのアドバイスを行います。

徹底的なコストコントロール

リテールの新築・改修プロジェクトにおける豊富な経験により、レンドリースは店舗計画全般に精通しています。そのため、ハイブランド旗艦店で採用されるようなオリジナリティーのある仕様の計画でも予算を推測でき、見積時に起こりやすい漏れ・重複を防ぎながら、追加コストが最小限となるような調達を行うことができます。発注後に発生する追加変更に対しても、数量・金額の増減を速やかに精査し、コストコントロールをより円滑に実施します。

CHANEL 銀座本店

Tasaki 銀座本店

Tiffany 銀座

SOLUTIONS

お客様が抱える多種多様な課題に対し、レンドリース・ジャパンは一つひとつベストな解決策をご提供します。

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。