オフィス環境の変化

社会情勢の変化に伴い、オフィスの形も変化しています。昨今ではCOVID-19による影響から、急激に在宅勤務が普及し、社員がひとところに集まって働くというワークスタイルがすでに過去のものとなりつつあります。これらの変化に、空間構成のみならず、AVやネットワークインフラも追従する必要性が高まっています。ワークプレイスに関するプロジェクト・マネージメントとして、レンドリースではお客様の要望を踏まえた短期間のインフラ整備や多拠点の一斉退去など、様々なソリューションを提供しています。

オフィスの使用率が激減してしまったので減床したい。

ワークスタイルの変化に合わせてオフィス構成を変更したい。

グローバルから様々な指示が来ているが、日本支社の意見を反映したい。

煩雑な部門調整支援

オフィスの移転では、複数部門(場合によっては国を跨いで)の調整が必要になります。レンドリースでは小規模なオフィス工事においても、各部門からの要望の取りまとめと摺り合わせ、プログラミングを行い、透明性を確保した調達やこまめなレポーティングを実施し、社内調整をサポートします。また、全体工程管理やドキュメントコントロールも行うため、社内報告に必要な情報を迅速にお伝えします。

ワークプレイスデザインの
トレンド把握

レンドリースでは、定期的にオフィスのリロケーションを行う外資系のお客様から、人事異動に合わせてオフィスの再編成を行う国内企業のお客様まで、幅広いお客様のオフィス構築プロジェクトに関わっています。 そのため、ワークプレイスデザインのトレンドを把握しており、ニーズに応じその分野が得意なメーカーから調達を行うことが出来ます。短期間での多拠点のオフィス空間の刷新なども多数手がけてきています。

ファイザー株式会社

デロイト・トーマツ・コンサルティング合同会社 東京オフィス

Softbank Silicon Valley Office

SOLUTIONS

お客様が抱える多種多様な課題に対し、レンドリース・ジャパンは一つひとつベストな解決策をご提供します。

次世代に向けて、革新的で持続可能な場所やインフラストラクチャーを創り提供していくことを約束します。

私たちは常にお客様を第一に考え、お客様のニーズを理解し、最良の提案と解決策を提供することで、確かなサービスを提供します。